歌舞伎・文楽ミニ知識 - イヤホン解説余話

Facebook Twitter

「寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)」 ロームシアター京都 昼の部

お正月にふさわしい
この演し物は様々な役柄が揃って華やかで、曽我十郎が松・竹・梅・鶴・亀などの作り物の載った島台を持って登場したり、お酒を振舞う場面があったり、工藤祐経が曽我兄弟にお年玉として狩場通行手形を与えたりとおめでたい雰囲気があふれた正月にふさわしいものです。
人物関係は?
「曽我十郎・五郎兄弟が父の仇を討とうと工藤祐経館にやってくる。源氏の重宝、友切丸を取り戻した兄弟に、工藤が富士の裾野の狩りでの再会を約束する」というあらすじはご存知の方も多いかもしれませんが、それぞれがどういう人物でどのような関係なのかはあまり知られていないのではないでしょうか。ここで紹介します。
- 工藤祐経・近江小藤太・八幡三郎 -
工藤は伊東荘の領主、伊東祐親の娘婿でしたが、祐親の嫡子(ちゃくし、跡取り)である河津三郎と所領争いを演じていました。工藤はさらに、病死した親の所領を祐親に横領されたため、安元2年(1176)10月、伊豆奥野の狩の帰り道、祐親と河津三郎の父子を家臣の大見(舞台では近江)小藤太と八幡三郎に狙わせます。このとき河津三郎は八幡が射た矢が命中して、落命。河津の遺児、一万(後の曽我十郎祐成、5歳)、筥王(はこおう、後の曽我五郎時致、3歳)は、父の仇、工藤を17年後に討ちます。
舞台で工藤の傍らにいる近江小藤太は曽我兄弟の祖父を負傷させ、八幡三郎は兄弟の父を射殺したのです。
- 小林朝比奈・舞鶴 -
舞台では曽我兄弟が工藤に会えるよう手引きをする道化役の小林朝比奈。代わりに朝比奈の妹、舞鶴が登場することもあります。
小林朝比奈は、史実では、和田義盛の子で、勇猛、大力で知られ、鎌倉の朝比奈切通しを一夜で切り開いたとされる朝比奈三郎義秀に当ります。父、義盛が執権、北条義時の度重なる挑発に反発し、幕府を攻めた時には大いに活躍。多くの御家人を斬り伏せます。一族が次々に討死した後、船6艘に残った500騎を載せ、房総半島の南端にあった所領、安房国の朝夷(あさい)へ逃れ、その後は不明。
- 鬼王新左衛門 -
この演し物には出てこない道(団)三郎とともに兄弟で曽我兄弟に仕えました。鬼王は源氏の重宝、友切丸という刀を取り戻し、兄弟に届けますが、兄弟の仇討ちには同行させてもらえなかったといわれています。

ちなみに『一條大蔵譚』で一條大蔵卿が義経に渡すようにと吉岡鬼次郎に託すのも、『助六』で花川戸助六(=曽我五郎)が探しているのも友切丸です。

- 梶原平三景時・梶原平次景高 –
梶原景時には一般に「源義経を讒言(ざんげん)で陥れた大悪人」というイメージがあり、この演し物でも赤っ面、敵役の扮装で登場。平次景高は景時の次男。同じく敵役の姿です。
史実によると景時は人望ある畠山重忠を陥れようとしたとして鎌倉幕府の御家人たちの反発を買った一方、曽我兄弟の赦免を願い出たとのこと。
- 大磯の虎・化粧坂の少将 -
曽我十郎は大磯の虎、五郎は化粧坂の少将という遊女を恋人にしていたことになっています。
「曽我物語」は兄弟の死後、大磯の虎が全国各地を巡礼して歩いたとしていますが、その実像を伝えるものは残っていません。化粧坂の少将は仮名本「曽我物語」で五郎の恋人として書き加えられたもの。
箱根の芦ノ湖の手前、精進池の付近に曽我兄弟の墓と大磯の虎の墓(五輪塔)が並んでいます。

このような人物関係も知ってご覧になると一味違った楽しみ方ができることでしょう。
箱根に建つ曽我兄弟と虎御前の墓
 
 

「ひらかな盛衰記(ひらがなせいすいき)」 国立小劇場 12月文楽公演

この演し物は平安時代末期、木曽義仲(きそよしなか)とその子や家臣と、それに対し後白河法皇(ごしらかわほうおう)の命令を受けて彼らを討とうとする源義経(みなもとのよしつね)・梶原景時(かじわらのかげとき)ら鎌倉方の武将にまつわるお話。
笹引
今回は「笹引の段」が久しぶりに上演されます。この前の「大津宿屋の段」では木曽義仲が討たれた後、その子・家臣を探し出し、根絶やしにしようと、梶原景時の家来・番場の忠太(ばんばのちゅうた)らが宿屋を厳しく家探しし、木曽義仲の子・駒若丸(こまわかまる)と思われる幼児を殺しました。
殺された幼児は実際は駒若丸ではなかったのですが、梶原方の武将に追われる騒動や息子と自分を守ってくれるべき家臣とはぐれたことなどの心労が重なり、木曽義仲の奥方(駒若丸の母)山吹御前(やまぶきごぜん)は息を引き取ります。
山吹御前の腰元お筆は近くの竹を伐り、御前の遺体をその笹の葉に載せて引いていき、弔います。そこから、このくだりを「笹引の段」と言います。
国立小劇場には昭和63年にこの段が上演された時の絵が展示されていますので、この機会にご覧ください。
「笹引の段」が上演されることにちなみ、ここで竹とその葉である笹について考えてみます。
神霊
笹と言うとまず連想されるのは七夕です。七夕は元来は豊作を祖霊に祈る祭りで、願い事を書いた短冊を結び付ける笹は祖先の霊が宿る依代(よりしろ;神霊が依り憑(つ)く対象)なのです。

また、笹で笹舟を作って、川に浮かべて遊んだことがある方もいらっしゃることと思いますが、島根県では10月1日に出雲大社に集まる神々の乗り物は笹船とされていて、泥や塵のついていない笹の葉で笹舟を作って海に放す習慣があったそうです。三重県山田地方では毎年7月6日の夕に祖先の精霊を迎える舟として、川へ流したそうです。13世紀中国・南宋の陳起が編集した詩集『江湖後集』に「折竹葉為舟=竹の葉を折って舟を作る」とあり、笹舟は中国で昔からあったようです。
このように笹は神々や祖先の霊と関わりがあります。
防腐剤

笹の葉には防腐作用があるので、寿司・粽(ちまき)・だんごなど、保存食を包むのに使われます。新潟県の郷土料理、笹寿司や笹団子はこの特徴を生かしたもので、戦国時代には上杉(長尾)氏の陣中食であったと言われます。
お筆が山吹御前を笹に載せて引いたのは偶然近くに竹があったからかもしれませんが、霊が宿ることと防腐作用にも合っていると言えます。

笹寿司

 

生命力
竹は成長が速く、勢いがあることから、松・梅とともにめでたいものとされています。
正月十日に西宮神社、今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)などで行われる十日戎(とおかえびす)では、笹に小判、戎の面、がんじき(熊手)など種々の宝物を吊るした福笹(ふくざさ)が家運隆昌・商売繁盛の縁起物として売られています。このようにタケ類が祭られるようになったのは、神代の昔、天の岩戸に隠れてしまった天照大神(あまてらすおおみかみ;太陽を神格化。皇室の祖。)が再び外に出てくるようにと願いを込めて、天鈿女命(あめのうずめのみこと;芸能の女神。日本最古の踊り子。)が小竹(笹)を手に踊って以来と言われます。ここで竹(笹)が選ばれたのも、竹が急激に成長し、年中色を変えないことから、青春・生命力の象徴と考えられたからなのでしょう。
こうした竹の生命力を連想させるものには『竹取物語(かぐや姫のはなし)』もあります。

以上で見てきましたように竹・笹は様々な神秘的な力を持っているのです。

福笹

解説余話バックナンバー

 

2017年11月 「義経千本桜」松竹大歌舞伎 巡業・「鑓の権三重帷子」国立文楽劇場
2017年10月 「番町皿屋敷」日本特殊陶業市民会館

2017年9月 「猩々」巡業西コース・「玉藻前曦袂」国立小劇場

2017年8月 「修禅寺物語」歌舞伎座・「源平布引滝」国立文楽劇場
2017年7月 「秋葉権現廻船語 駄右衛門花御所異聞」歌舞伎座・「源平布引滝」国立文楽劇場

2017年6月 「曽我綉俠御所染」歌舞伎座・「二人禿」国立文楽劇場

2017年5月 「壽曽我対面」歌舞伎座・「寿柱立万歳」国立小劇場

2017年4月 「伊勢音頭恋寝刃」歌舞伎座・「菅原伝授手習鑑 寺子屋」国立文楽劇場
2017年3月 「神楽諷雲井曲毬」歌舞伎座
2017年2月 「義経千本桜 渡海屋・大物浦」大阪松竹座・「曾根崎心中」国立小劇場
2017年1月 「将軍江戸を去る」歌舞伎座・「奥州安達原」国立文楽劇場

2016年12月 「京鹿子娘五人道成寺」歌舞伎座/「京鹿子娘道成寺」先斗町歌舞練場・「仮名手本忠臣蔵」国立小劇場
2016年11月 「祝勢揃壽連獅子」歌舞伎座/「連獅子」巡業・「増補忠臣蔵」国立文楽劇場

2016年10月 「獨道中五十三驛」巡業
2016年9月 「一條大蔵譚」歌舞伎座・「一谷嫩軍記」国立小劇場
2016年8月 「土蜘」歌舞伎座・「新編西遊記―GO WEST!」国立文楽劇場
2016年7月 「鳴神」巡業東コース・「新編西遊記」国立文楽劇場