歌舞伎・文楽ミニ知識 - イヤホン解説余話

Facebook Twitter

「平家女護島 俊寛(へいけにょごがしま しゅんかん)」 博多座 夜の部

近、中、遠3ランク
主人公 俊寛は、平家打倒を企て、平清盛により鬼界ヶ島(きかいがしま、現・鹿児島県硫黄島)へ流されました。
日本の「流罪」は古代、神の怒りに触れた者を島に捨て殺しにしたのが始まりとか。
奈良、平安の頃は、唐の制度にならい、罪の重さに応じて流刑地を遠ざける「近流(きんる)=備前、安芸」、「中流(ちゅうる)=信濃、伊予」、「遠流(おんる)=安房、伊豆、常陸、佐渡、隠岐、土佐」の3ランクがあったとされます。ただ時の為政者の気分次第でさらに遠くされることもあったよう。俊寛を鬼界ヶ島まで流した清盛の憎しみはさぞ強かったのでしょう。
命が縮む流人暮らし
流刑者は必ず妻を同行させられ(他の家族は希望すれば可)、流刑地の戸籍へ。つまり一生帰れず、たいてい2年ほどで亡くなったといいます。「老後は田舎でスローライフ」が流行る昨今とは想像を絶する環境の違いだったということでしょう。

後に例外的に帰還を許される「非常赦(ひじょうしゃ)」が施されるようになったといい、俊寛に連座した平康頼、藤原成経が帰れたのはその一例です。

佐渡金山は地獄
江戸時代は、大坂からは薩摩、隠岐、天草あたり、江戸からは伊豆七島がおもな流刑地だったとか。また戸籍から外された無宿者(むしゅくもの)が罪を犯すと、佐渡送りになり、佐渡金山の湧き水を汲み出す水替え人足として強制労働。これは本当に悲惨だったということです。
明治になると蝦夷(えぞ、北海道)へ流され、監獄へ入れられたようですが、新しい刑法が制定された明治41年(1908年)、流罪は廃止されました。
流罪は世界基準
いわゆる文化人では、世阿弥が佐渡へ(理由は不明)、画家、英一蝶(はなぶさいっちょう)は時の将軍と愛人のツーショットを描いて風刺した咎で八丈島(三宅島とも)へ流されたといいます。

菅原道真、崇徳(すとく)天皇、源為朝、江島生島ら流罪にされた人物のお芝居はいろいろあるなか、「俊寛」は海外でも上演され、大いに共感を呼びました。ナポレオンがセントヘレナ島へ流された例を引くまでもなく、流罪はグローバルな背景だからでしょう。
鹿児島市にある俊寛の碑(流刑の地へ船出した所)
 
「絵本太功記(えほんたいこうき)」 国立文楽劇場 文楽鑑賞教室

13日間ドキュメント
太閤・豊臣秀吉の伝記「太閤記」におもしろいエピソードを加え、さし絵(イラスト)もそえて大衆向けに出版されたのが「絵本太閤記」。さらにそれを劇化したのがこの『絵本太功記』です。明智光秀が主君の織田信長を討ってから、羽柴久吉(後の豊臣秀吉)に追いつめられ、滅びるまでの13日間を、日を追って、ドキュメンタリーのようにえがいています。
仮名で登場
ただお芝居は、タイトルを「太閤」ではなく『太功』にし、秀吉をはじめ、織田信長、明智光秀たちも実名では出てきません。今の日本のメディアで「A少年」などと報じるのは人権を考えてのことですが、こちらはそうではなく、次の理由からです。
禁じられたノンフィクション 

江戸幕府は、歴史を、特に徳川家に関連した出来事をそのままお芝居にされると、それを観た人々が幕府の政治を批判しかねないと恐れ、ノンフィクションドラマを禁じていたのです。そこでお芝居の作者は、時代の設定を変えたり、登場人物に別の名前をつけたりして、幕府の目をごまかしました。

忠臣蔵は室町時代
江戸時代に起きた「赤穂四十七士の討入」をお芝居にした『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』が設定を室町時代にし、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)を塩谷判官(えんやはんがん)、吉良上野介(きらこうずけのすけ)を高師直(こうのもろのお)としているのが代表的な例です。
このお芝居も、羽柴秀吉を真柴久吉に、織田信長 → 尾田春長、明智光秀 → 武智光秀と微妙に変えて「歴史の人物とは違いますよ」と幕府にアピールしているのです。
人々のために
さて今回上演される『夕顔棚、尼ヶ崎の段』は10日目の出来事、お芝居の十段目です。
この段で、光秀は「春長(=信長)が、自分の忠告を聞かず、神社や寺を壊し、行いがどんどんひどくなるので、人々のためを思って、彼を討った」と語ります。主君を滅ぼすことは「忠義に反する悪」とされていた当時でも、作者は彼を悪人と決めつけてはいませんし、それは江戸時代の人々が思いえがいた光秀の姿だったのかもしれません。
罰が当たって
ただ幕府の手前、「忠義」をまったく否定することもできなかったのでしょう。この場で、光秀が障子(しょうじ)のむこうに敵の久吉がいると思って竹ヤリで突くと、それは自分の母だった、という悲劇が起きるのは「忠義に背いた光秀が受けた罰」ということにもされているのです。

明智光秀の首塚(京都市東山区梅宮町)
 

解説余話バックナンバー

 


2018年05月 「雷神不動北山櫻」歌舞伎座・「本朝廿四孝」国立小劇場
2018年04月 「絵本合法衢」歌舞伎座・「義経千本桜 道行初音旅」国立文楽劇場
2018年03月 「国性爺合戦」歌舞伎座
2018年02月 「一條大蔵譚」歌舞伎座・「女殺油地獄」国立小劇場

2018年01月 「京人形」浅草公会堂・「傾城恋飛脚」国立文楽劇場
2017年12月 「寿曽我対面」ロームシアター京都・「ひらかな盛衰記」国立小劇場

2017年11月 「義経千本桜」松竹大歌舞伎 巡業・「鑓の権三重帷子」国立文楽劇場
2017年10月 「番町皿屋敷」日本特殊陶業市民会館

2017年09月 「猩々」巡業西コース・「玉藻前曦袂」国立小劇場

2017年08月 「修禅寺物語」歌舞伎座・「源平布引滝」国立文楽劇場
2017年07月 「秋葉権現廻船語 駄右衛門花御所異聞」歌舞伎座・「源平布引滝」国立文楽劇場

2017年06月曽我綉俠御所染」歌舞伎座・「二人禿」国立文楽劇場