歌舞伎・文楽ミニ知識 - イヤホン解説余話

Facebook Twitter

「修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)」 歌舞伎座 第二部

修善寺と「修禅寺物語
岡本綺堂(おかもときどう。1872~1939)が修禅寺宝物館所蔵の「古ぼけた木の面」に想を得て、『修禅寺…』を書き、それが2代目市川左團次の面作師、夜叉王(おもてつくりし、やしゃおう)などで初演されたのは明治44年(1911)。現代語での歌舞伎が新鮮に感じられたこともあって大当たりし、修善寺(静岡県伊豆市)と言えば『修禅寺…』となり、修善寺の名はこの作品によって全国に知られました。

修善寺は弘法大師が開いたと言われる温泉地で、明治時代以降、作家(夏目漱石・岡本綺堂・泉鏡花・島木赤彦・芥川龍之介ほか)、役者(初代中村吉右衛門ほか)、俳人(高浜虚子ほか)、画家(横山大観・安田靭彦ほか)など多くの文化人が湯治に訪れています。そのため昔から郷土に対する意識が高いのは感心すべきことで、修善寺の歴史や文化・ゆかりの人物などに関して詳説された『修善寺の案内』が刊行され、修善寺郷土資料館で入手できます。

頼家祭り
源頼家(みなもとのよりいえ)の命日7月18日頃(年によって数日前後する。今年は7月17日)には毎年、修善寺で頼家祭りが行われます。メインイベントは暗殺された頼家とその家臣の霊を慰めるために、修禅寺を起点に、十三士(頼家の家臣13名)の墓、頼家の墓にお参りをして修禅寺に戻る行列。この行列は、近年は頼家・妻 若狭の局・息子 一幡・十三士から成り、史実に合わせているようですが、平成18年など以前は寺の僧侶、鉦を鳴らし鎮魂歌を歌う尼、頼家・かつら・かえで・夜叉王・北条方の兵に扮した人々、母親に手を引かれた稚児姿の地元の子供たちから成り、地元の方がかつら・かえで・夜叉王と、『修禅寺…』に出てくる人物を演じて行列に参加していたことから、この作品が修善寺にとって、いかに大きな存在であるかが分かります。お参りには観光客も参加できるので、単なる見物ではなく、地元住民および観光に携わる人・観光客が一体になれるお祭りであるというところが素晴らしいと思いました。
朗読会や和紙作りも
平成15年2月には修善寺総合会館で『修禅寺…』の歌舞伎公演があり、地元の児童も鑑賞しました。また、作者の岡本綺堂が滞在した新井旅館や修善寺総合会館など温泉街のいろいろな所で、しばしば『修禅寺…』朗読会が催されます。

『修禅寺…』幕開きに和紙作りの場面が見られるように、伊豆修善寺村では雁皮(がんぴ)を主な原料とする和紙が梳かれていました。この和紙(修善寺紙:しゅぜんじがみ)は、蓼(たで)の皮を煎じて染めたと言われる薄紅色の簾目(すだれめ)が横に入ったものが多かったため、色好紙(いろよしがみ)とも言われていたようです。雁皮は繊維が緊密で美しい光沢があり、虫がつきにくいため、良質の紙ができました。明治時代末期以降、洋紙が大量生産され普及したことと、自生地が少なく、栽培できない雁皮が手に入りにくくなったこともあり、修善寺の和紙づくりは昭和の初め頃には途絶えていましたが、1980年代に復活。温泉街の西はずれの紙谷(かみや)地区を中心に三叉・楮(こうぞ)・トロロアオイなど紙の原料も栽培しており、糊が伸びてしまう暖かい季節(4~10月)を除き、手漉き和紙作りを体験できます。
このように『修禅寺…』は修善寺にとってなくてはならないものであり、様々な形で地元に根付いています。他にもこのように地元に根付き、愛される歌舞伎作品が出てきてほしいものです 。




頼家祭り(平成18年)
 
「源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)」 国立文楽劇場 第2部

運動会も歌合戦も
お芝居では笹竜胆(ささりんどう)の紋所がついた源氏の白旗が多くの人の手に渡り、前途危うい源氏一族を象徴します。その白旗に対し、このお芝居で源氏の胤(たね)を根絶やしにしようと躍起になる平家のシンボルは赤旗でした。
紅白に別れて競う姿は、今も、運動会や大晦日の歌合戦に受け継がれていますね。
白は清浄、赤は太陽?
さて「平家物語」などで広く知られるこの“ 源氏の白旗 ”、“ 平家の赤旗 ”の由来にはさまざまな説があります。「白」は神の清らかさを表し、源氏が八幡神を崇拝していたから、「赤」は太陽の色で、平家が、天照大神(あまてらすおおみかみ)を先祖とする天皇家の流れであるとアピールしたかったから、などなど。
白石先生もお手上げ
しかし実は、源平どちらも色の由来ははっきりしません。江戸時代の歴史家・政治家であった新井白石も「本朝軍器考(ほんちょうぐんきこう)」という書物で「源氏の部族がみな白旗というわけではない」、また「平氏の赤旗のいわれが書かれたものを見たことがない」としています。『元禄忠臣蔵』で徳川綱豊卿に講義するほど博識な白石先生でさえ、その確証は得られなかったようです。

頼りは色
源氏の「笹竜胆」、平家の「揚羽蝶(あげはちょう)」の紋は鎌倉、室町期を経て定まったそうですから、源平合戦の頃は旗に紋はなく、色を頼りに敵味方を見分けたのでしょう。
余談ですが、日本で染料が使われたのは奈良時代からで、主に植物を原料としていたといいます。赤は茜(あかね)や蘇芳(すおう)、青は藍(あい)、黄色はウコンなどを使って染め、明治期に科学染料が入るまで、この用法は千年近く変わらなかったとか。
旗の力
旗は、平家物語の頃は、馬上で旗指物をかかげたのですが、時代が下るにつれ、巨大になりました。戦における旗はたいへんに神聖な物で、室町期には「旗奉行、旗大将」の職が侍大将に次ぐNo2ポストだったといいます。
また旗は士気を高め、敗走を踏みとどまらせる効力があり、旗を奪われる=負けを公表する屈辱とされました。
陰の主役
お芝居では、源氏の白旗を守らんと、源義賢(よしかた)や小万(こまん)が命をかけ、斎藤実盛(さねもり)は、駒王丸(こまおうまる、後の木曾義仲)の誕生を白旗に祈ります。白旗が陰の主役とも言えましょう。

 源氏の白旗、平家の赤旗(須磨寺蔵)


解説余話バックナンバー


2017年7月 「秋葉権現廻船語 駄右衛門花御所異聞」歌舞伎座・「源平布引滝」国立文楽劇場

2017年6月 「曽我綉俠御所染」歌舞伎座・「二人禿」国立文楽劇場

2017年5月 「壽曽我対面」歌舞伎座・「寿柱立万歳」国立小劇場

2017年4月 「伊勢音頭恋寝刃」歌舞伎座・「菅原伝授手習鑑 寺子屋」国立文楽劇場
2017年3月 「神楽諷雲井曲毬」歌舞伎座
2017年2月 「義経千本桜 渡海屋・大物浦」大阪松竹座・「曾根崎心中」国立小劇場
2017年1月 「将軍江戸を去る」歌舞伎座・「奥州安達原」国立文楽劇場

2016年12月 「京鹿子娘五人道成寺」歌舞伎座/「京鹿子娘道成寺」先斗町歌舞練場・「仮名手本忠臣蔵」国立小劇場
2016年11月 「祝勢揃壽連獅子」歌舞伎座/「連獅子」巡業・「増補忠臣蔵」国立文楽劇場

2016年10月 「獨道中五十三驛」巡業
2016年9月 「一條大蔵譚」歌舞伎座・「一谷嫩軍記」国立小劇場
2016年8月 「土蜘」歌舞伎座・「新編西遊記―GO WEST!」国立文楽劇場
2016年7月 「鳴神」巡業東コース・「新編西遊記」国立文楽劇場