今月の観どころ・聴きどころ

Facebook Twitter

今月上演される演目のみどころをイヤホン解説員がコメントします。
劇場別のタイムテーブルも一緒にご覧いただけます。

 

このページにアクセスされたきっかけは?
★簡単なアンケートにご協力ください。

回答例:「耳で観る」を見て、ホームページのトップから、ブックマークをしている等


アンケートフォーム


歌舞伎座 日生劇場 国立小劇場 国立文楽劇場
上方歌舞伎会
新橋演舞場 国立文楽劇場
夏休み文楽特別公演
 歌舞伎座 八月納涼歌舞伎 8月9日(木)~27日(月)
演目 解説者 開演 終演 幕間
第一部 花魁草 横出葵 11:00    
龍虎 濱口久仁子      
心中月夜星野屋 鈴木多美      
第二部 東海道中膝栗毛 すぎはらちゅん 3:00    
雨乞其角 横阪有香      
第三部 盟三五大切
序幕・二幕目
市井佳代子 6:00    
盟三五大切
大詰
高木秀樹      
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

心中月夜星野屋(鈴木多美)
落語「星野屋」を元にした新作歌舞伎です。落語の主人公お花は実在した浅草の水茶屋桜木の茶屋女で、河竹黙阿弥の「盲長屋梅加賀鳶」にも登場します。古くからある噺を落語家小佐田定雄が映画「スティング」のように脚色し桂文珍が語って評判を呼びました。今回は小佐田の脚本でお花を元は向島の芸者おたかに変えています。相場に手を出し財産を失った星野屋照蔵は妾おたかに心中を迫り、いったんは承知したものの命が惜しいおたかは、母お熊の入れ知恵で川に飛び込む振りをして逃げ出しますが、幽霊となった星野屋がおたかを恨み…。

雨乞其角(横阪有香)

名高い俳諧師・松尾芭蕉の門弟であった宝井其角には、向島の三囲神社で雨乞いの句を詠み、雨を降らせたという逸話があります。これをもとに大正13年に作られたのが『雨乞其角』。江戸の昔の舟遊びの情緒も味わえる作品です。


 日生劇場 ニッセイ親子歌舞伎 8月10日(金)~12日(日)
演目 解説者 開演 終演 幕間
ごあいさつ 11:00    
3:00  
太刀盗人 奥山久美子      
   
解説 歌舞伎のたのしみ      
   
藤娘 齋藤智子   1:00  
  5:00
*

10日(金)は11:00開演のみ。

* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

太刀盗人(奥山久美子)

題名の通り、太刀を盗もうとする泥棒のお話です。主人公は、すっぱの九郎兵衛。すっぱは、スリ、泥棒のことで、戦国時代の忍者(スパイ)をすっぱと呼んでいました。お芝居は、市場にいた万兵衛という人が持っている太刀を盗もうとして、九郎兵衛がどんな作戦をとるのかが観どころです。面白くてわかりやすいお話ですので、お子さんから大人まで楽しめるお芝居です。舞台は松羽目と言って、大きな松の絵が描かれているだけで他に道具などはないのですが、俳優さんの演技や音楽で色々な場面を見せていきます。このお芝居は、歌舞伎の雰囲気を味わいながら、「次はどうなっていくのかな」と絵本のページをめくるようなワクワク感もあります。イヤホンガイドでは、さらに舞台を楽しんでいただけるようにお話していきたいと思います。

 国立小劇場 第24回稚魚の会・歌舞伎会合同公演
 8月16日(木)~20日(月)
演目 解説者 開演 終演 幕間
寿曽我対面 大倉直人
1:00    
勢獅子 阿部さとみ      
神霊矢口渡 吉崎典子   4:35  
* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

 国立文楽劇場 第28回上方歌舞伎会 8月25日(土)~26日(日)
演目 解説者 開演 終演 幕間
真如 兼松正昭 11:00    
4:00  
彦山権現誓助剱
毛谷村六助住家の場
     
   
道行恋苧環
元禄花見踊
中川美奈子   2:55  
  7:55
* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

道行恋苧環(中川美奈子)
この踊りは、誰もが歴史の授業で習う「大化の改新」を背景にした壮大な歴史物語「妹背山婦女庭訓」の中の一場面です。烏帽子折の求女という美青年をはさんで、優雅なお姫さまと可憐な田舎娘が恋のさや当てを繰り広げます。この求女という若者、実は藤原鎌足の息子で本名は淡海。橘姫は蘇我入鹿の妹。ともに身分を隠し、それぞれの思惑や大望を胸に秘めております。しかし、そこに絡む杉酒屋の娘お三輪だけは身分や義理に縛られることなく、ただ純粋に恋をし、その一途さだけで突き進んでまいります。絡みあう三人それぞれの思いを機織りに使う愛らしい苧環の糸に託して、緊迫した中にもどこかおおらかな、王朝の恋の物語です。

元禄花見踊(中川美奈子)

日本における花見の歴史は古く、遠く平安時代に嵯峨天皇が神泉苑に出向かれたのが起源と言われます。しかし、豊臣秀吉の醍醐の花見に代表されるように、花見は長く上流階級の娯楽でした。庶民の楽しみとなったのは、ぐっと時代が下って江戸時代のこと。江戸が急速に大都市として発展した1680年代に、上野、浅草、谷中などの桜の名所が出現しました。そして5代将軍綱吉の元禄時代、経済・文化の著しい発達を背景に、庶民も賑やかに花見に繰り出していったのです。しかしながら、明るい旋律と華やかな舞台で人気のこの曲が、実は明治時代はじめの作品ということは案外知られておりません。激動の時代の人びとはこの曲にどんな思いを託したのでしょうか。
 新橋演舞場 新作歌舞伎「NARUTO -ナルト-」
 8月4日(土)~27日(月)
解説者 開演 終演 幕間
序幕  ナビゲーター:
 天野ひろゆきさん
11:00 12:30 30
4:30 6:00
二幕目 1:00 2:00 25
6:30 7:30
大詰 2:25 3:05  
7:55 8:35
*

ナルトイヤホンガイドは8月13日(月)から貸し出しいたします。

*
終日休演 :8月15日(水)
昼の部(11:00~)休演 :8月4日(土)、9日(木)、21日(火)、24日(金)
夜の部(4:30~)休演 :8月6日(月)、12日(日)、18日(土)、27日(月)
* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

 国立文楽劇場 夏休み文楽特別公演

 7月21日(土)~8月7日(火)

演目 解説者 開演 終演 幕間
第一部
親子
劇場
瓜子姫とあまんじゃく 渡辺まり タイムテーブルの
ご案内
文楽ってなあに?
増補大江山 渡辺まり
第二部
名作
劇場
卅三間堂棟由来 松下かほる
大塔宮曦鎧 高木秀樹

第三部
サマー

レイトショー
新版歌祭文 松下かほる
日本振袖始 高木秀樹
*
*
貸し切り:7月27日 第一部、8月4日 第一部
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ