歌舞伎・文楽ミニ知識 - 歌舞伎・文楽 ひとくちメモ

 
演目の見どころ・あらすじなどを五十音別にワンポイントでご紹介!
観劇の前に、観劇の後に、お役立てください!
     
       
     
 

 
『青砥稿花紅彩画』(あおとぞうしはなのにしきえ) 『阿古屋』(あこや) 『尼ヶ崎閑居の場』(あまがさきかんきょのば)
『秋の河童』(あきのかっぱ) 『朝顔日記』(あさがおにっき) 『操り三番叟』(あやつりさんばそう)
『揚屋』(あげや) 『芦屋道満大内鑑』(あしやどうまんおおうちかがみ) 『荒川の佐吉』(あらかわのさきち)
 
『伊賀越道中双六』(いがごえどうちゅうすごろく) 『一条大蔵譚』(いちじょうおおくらものがたり) 『妹背山婦女庭訓』(いもせやまおんなていきん)
『十六夜清心』(いざよいせいしん) 『一谷嫩軍記』(いちのたにふたばぐんき) 『色彩間苅豆』(いろもようちょっとかりまめ)
『石切梶原』(いしきりかじわら) 『一本刀土俵入』(いっぽんがたなどひょういり) 『鰯賣恋曳網』(いわしうりこいのひきあみ)
『伊勢音頭恋寝刃』(いせおんどこいのねたば) 『茨木』(いばらき)  
 
『外郎売』(ういろううり) 『浮塒鴎』(うきねのともどり) 『嫐』(うわなり)
『浮かれ心中』(うかれしんじゅう) 『浮世柄比翼稲妻』(うきよづかひよくのいなづま)  
 
『江島生島』(えじまいくしま) 『越後獅子』(えちごじし) 『絵本太功記』(えほんたいこうき)
 
『奥州安達原』(おうしゅうあだちがはら) 『押戻』(おしもどし) 『お夏狂乱』(おなつきょうらん)
『小笠原騒動』(おがさわらそうどう) 『於染久松色読販』(おそめひさまつうきなのよみうり) 『お祭り』(おまつり)
『鴛鴦襖恋睦 おしどり』(おしのふすまこいのむつごと) 『おちくぼ物語』(おちくぼものがたり) 『女殺油地獄』(おんなごろしあぶらのじごく)
 
『鏡獅子』(かがみじし) 『累』(かさね) 『神明恵和合取組』(かみのめぐみわごうのとりくみ)
『加賀見山旧錦絵』(かがみやまこきょうのにしきえ) 『梶原平三誉石切』(かじわらへいぞうほまれのいしきり) 『髪結新三』(かみゆいしんざ)
『加賀見山再岩藤』(かがみやまごにちのいわふじ) 『合邦』(がっぽう) 『関羽』(かんう)
『神楽諷雲井曲毬』(かぐらうたくもいのきょくまり) 『仮名手本忠臣蔵』(かなでほんちゅうしんぐら) 『勧進帳』(かんじんちょう)
『景清』(かげきよ) 『鎌髭』(かまひげ)  
『籠釣瓶花街酔醒』(かごつるべさとのえいざめ) 『盟三五大切』(かみかけてさんごたいせつ)  
 
『祇園祭礼信仰記』(ぎおんさいれいしんこうき) 『京鹿子娘道成寺』(きょうかのこむすめどうじょうじ) 『金閣寺』(きんかくじ)
『菊畑』(きくばたけ) 『極付幡随長兵衛』(きわめつきばんずいちょうべえ)  
 
『天衣紛上野初花』(くもにまごううえののはつはな) 『黒手組曲輪達引』(くろてぐみくるわのたてひき) 『熊谷陣屋』(くまがいじんや)
『廓文章』(くるわぶんしょう) 『葛の葉』(くずのは)  
 
『傾城反魂香』(けいせいはんごんこう) 『毛抜』(けぬき) 『元禄忠臣蔵』(げんろくちゅうしんぐら)
『毛剃』(けぞり) 『源平布引滝』(げんぺいぬのびきのたき)  
『解脱』(げだつ) 『源氏物語』(げんじものがたり)  
 
『恋女房染分手綱』(こいにょうぼうそめわけたづな) 『国性爺合戦』(こくせんやかっせん) 『嫗山姥』(こもちやまんば)
『恋飛脚大和往来』(こいのたよりやまとおうらい) 『御所五郎蔵』(ごしょのごろぞう) 『権三と助十』(ごんざとすけじゅう)
『恋湊博多諷』(こいみなとはかたのひとふし) 『御存鈴ヶ森』(ごぞんじすずがもり) 『権上』(ごんじょう)
『河内山』(こうちやま) 『寿曽我対面』(ことぶきそがのたいめん) 『権八小紫』(ごんぱちこむらさき)
 
『西郷と豚姫』(さいごうとぶたひめ) 『花街模様薊色縫』(さともようあざみのいろぬい) 『三人連獅子』(さんにんれんじし)
『魚屋宗五郎』(さかなやそうごろう) 『実盛物語』(さねもりものがたり) 『操り三番叟』(さんばそう)
『逆櫓』(さかろ) 『三国一夜物語』(さんごくいちやものがたり) 『楼門五三桐』(さんもんごさんのきり)
『鷺娘』(さぎむすめ) 『卅三間堂棟由来』(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)
『佐倉義民伝』(さくらぎみんでん) 『三人吉三』(さんにんきちさ)  
 
『ぢいさんばあさん』(じいさんばあさん) 『時平の七笑』(しへいのななわらい) 『春興鏡獅子』(しゅんきょうかがみじし)
『重の井子別れ』(しげのいこわかれ) 『石橋』(しゃっきょう) 『生写朝顔話』(しょううつしあさがおばなし)
『忍夜恋曲者』(しのびよるこいはくせもの) 『蛇柳』(じゃやなぎ) 『白浪五人男』(しらなみごにんおとこ)
『芝浜革財布』(しばはまのかわざいふ) 『襲名披露口上』(しゅうめいひろうこうじょう) 『真景累ヶ淵』(しんけいかさねがふち)
『暫』(しばらく) 『十種香』(じゅしゅこう) 『神霊矢口渡』(しんれいやぐちのわたし)
 
『素襖落』(すおうおとし) 『助六』(すけろく)
『菅原伝授手習鑑』(すがわらでんじゅてならいかがみ) 『隅田川』(すみだがわ)  
 
『関の扉』(せきのと) 『摂州合邦辻』(せっしゅうがっぽうがつじ)  
 
『象引』(ぞうひき) 『曽我綉侠御所染』(そがもようたてしのごしょぞめ)  
『曾我対面』(そがのたいめん) 『其小唄夢廓』(そのこうたゆめもよしわら)  
 
『伊達の十役』(だてのじゅうやく) 『団子売』(だんごうり) 『壇浦兜軍記』(だんのうらかぶとぐんき)
 
『ぢいさんばあさん』(じいさんばあさん) 『近頃河原の達引』(ちかごろかわらのたてひき) 『椿説弓張月』(ちんせつゆみはりづき)
 
『土蜘』(つちぐも) 『積恋雪関扉』(つもるこいゆきのせきのと) 『釣女』(つりおんな)
『壺坂霊験記』(つぼさかれいげんき) 『梅雨小袖昔八丈』(つゆこそでむかしはちじょう)  
 
『天一坊大岡政談』(てんいちぼうおおおかせいだん) 『天満宮菜種御供』(てんまんぐうなたねのごくう)  
 
『東海道四谷怪談』(とうかいどうよつやかいだん) 『時今也桔梗旗揚』(ときはいまききょうのはたあげ) 『豊志賀の死』(とよしがのし)
『東慶寺花だより』(とうけいじはなだより) 『供奴』(ともやっこ) 『どんつく』
 
『夏祭浪花鑑』(なつまつりなにわかがみ) 『七つ面』(ななつめん) 『鳴神』(なるかみ)
 
『二条城の清正』(にじょうじょうのきよまさ) 『二人禿』(ににんかむろ) 『二人椀久』(ににんわんきゅう)
 
『乗合船惠方萬歳』(のりあいぶねえほうまんざい)    
 
『博奕十王』(ばくちじゅうおう) 『播州皿屋敷』(ばんしゅうさらやしき) 『番町皿屋敷』(ばんちょうさらやしき)
『馬盥』(ばだらい) 『幡随長兵衛』(ばんずいちょうべえ)  
 
『引窓』(ひきまど) 『ひらかな盛衰記』(ひらがなせいすいき)  
 
『封印切』(ふういんきり) 『双蝶々曲輪日記』(ふたつちょうちょうくるわにっき) 『文七元結』(ぶんしちもっとい)
『不動』(ふどう) 『不破』(ふわ)  
 
『弁慶上使』(べんけいじょうし) 『弁天小僧』(べんてんこぞう)  
 
『牡丹燈籠』(ぼたんどうろう) 『堀川波の鼓』(ほりかわなみのつづみ)  
『時鳥殺し』(ほととぎすごろし) 『本朝廿四孝』(ほんちょうにじゅうしこう)  
 
『将門』(まさかど) 『松浦の太鼓』(まつうらのたいこ)  
 
『三笠山御殿』(みかさやまごてん) 『三千歳直侍』(みちとせなおざむらい)  
『身替座禅』(みがわりざぜん) 『宮島のだんまり』(みやじまのだんまり)  
 
『無間の鐘』(むげんのかね:むけんのかね)    
 
『伽羅先代萩』(めいぼくせんだいはぎ) 『め組の喧嘩』(めぐみのけんか)  
『男女道成寺』(めおとどうじょうじ) 『面売り』(めんうり)  
 
『紅葉狩』(もみじがり)    
 
『屋敷娘』(やしきむすめ) 『奴道成寺』(やっこどうじょうじ)  
『保名』(やすな) 『矢の根』(やのね)
 
『義経腰越状』(よしつねこしごえじょう) 『吉野川』(よしのがわ) 義賢最期』(よしかたさいご)
『義経千本桜』(よしつねせんぼんざくら) 『与話情浮名横櫛』(よわなさけうきなのよこぐし)  
 
『蘭平物狂』(らんぺいものぐるい)    
 
『連獅子』(れんじし)    
 
『六歌仙容彩』(ろっかせんすがたのいろどり)    
 
『若き日の信長』(わかきひののぶなが)